AV事務所ファンスター社長・国分恵介、AV強要で逮捕→AV人権倫理機構、釈明文を出すはめに

「適正」を自称していたファンスター(元ロータス)社長国分、AV強要で逃走の末逮捕→自称「AV人権倫理機構」が釈明する騒動に

 

自称適正AVプロダクション・ファンスター国分社長逮捕

逃走のAVプロダクション社長を逮捕 – 日テレ

モデル志望の19歳の女性をアダルトビデオの制作会社に紹介したとして、AVプロダクションの社長の男が逮捕された。

警視庁によると、AVプロダクション「ネオス」の社長・国分恵介容疑者は、2016年2月、AVの撮影と知りながらモデル志望の当時19歳の女性を制作会社に紹介した疑いがもたれている。

国分容疑者は当時、別のAVプロダクションで女性の面接を担当していて、「仕事と割り切って」と強引に説得したという。

この事件では、すでに3人が逮捕・起訴されているが、国分容疑者は都内のビジネスホテルなどを転々として逃走していた。調べに対し、国分容疑者は黙秘しているという。

 

株式会社ネオスというのはファンスター(元ロータスグループ)のことである。

阿部乃みくや浜崎真緒など有名女優で知られる大手プロダクションだ。

2月にこの会社の善アーサーなる輩がAV強要で逮捕されたが、

本来一緒に逮捕されるべき国分社長は逃げ回っていたのだという。潔くなくない???

 

「AVに出ずにモデルになる方法はない」AV会社に19歳女性紹介のプロダクション元社員を逮捕 – 産経

 モデル志望の当時19歳の女性にアダルトビデオ(AV)出演の仕事をさせたなどとして、警視庁保安課は、職業安定法違反の疑いで、AVプロダクション「ロータスグループ」元社員、国分恵介容疑者(37)=東京都目黒区大岡山=を逮捕した。

逮捕容疑は平成28年2月29日ごろ、AVに出演させる目的で、渋谷区のAV制作会社に女性を紹介したとしている。

事件では、同課が2月、同法違反容疑で別の元社員やスカウトの男ら4人を逮捕していた。

同課によると、女性は専門学校1年だった27年7月、都内のモデルオーディション会場で、逮捕されたスカウトの男から声を掛けられた。その後、28年1月下旬に「AVに出ずにモデルになる方法はない」などと迫られ、プロダクションと契約を結び、AVに出演させられていた。

国分容疑者は女性の面接を担当。撮影の際に許容できる撮影内容を聞くなどしていたが、AV制作会社に提出した女性のプロフィルカードには女性の意思に反する撮影内容を無断で記載していたという。

勝手にNG改ざんするなどとは、やりたい放題ではないか!!!!

 

自称「適正」業界団体の対応

ファンスターこと株式会社ネオス取締役・加藤圭吾は「適正」を自称する日本プロダクション協会の理事であり

日本プロダクション協会も釈明文を出す騒動となった。

 

元ロータスグループ社員と言ってごまかしてるけど、

れっきとした協会員であるファンスター社長国分の逮捕じゃないか!

恥を知れよ恥を!

 

さらに弁護士・山口くんたちが取り仕切っている自称第三者団体・AV人権倫理機構も生命を発表

こちらでもファンスターであることを隠蔽しているが、、、

被害者がまたでたらどうするんだ?即刻対応しろよ!

 

AV強要で自称適正のAV事務所社長が逮捕されるとか何事?被害の防止に務めるどころか、社名を隠蔽しまともに謝罪も反省もしないとか、ありえないんだよ!!!

 

3 件のコメント

  • ツイッターアカウント凍結されてる奴が偉そうにほざくなwwww

    いい加減にしろ馬KAZE君よぉ〜

  • whoisに堂々と本名で登録されるところはさすがですね。
    いっそのこと本名でTwitterやり直せば良いのでは?

  • >>社名を隠蔽しまともに謝罪も反省もしないとか、ありえないんだよ!!!

    シェロがそうですよね、流石にニューゲートの後継会社は適正に含んでいませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。