AV業界でHIV・エイズ蔓延の危機 感染女優1名発表 接触男優多数の疑い

AV業界にHIV感染者発生で業界人に動揺広がる

AV業界にHIV蔓延の可能性

10月22日、AV業界の御用団体であるAV人権倫理機構は衝撃的発表を行なった。

HIV感染女優がいたというのである。下に示したのはAV人権倫理機構の発表した文面(https://avjinken.jp/dl/pdf/report_20181019.pdf)である。

AV人権倫理機構(AV人倫)の発表の要約
  • AV女優1名がHIVに感染していることが判明
  • 撮影とは関係ない感染
  • 関係者(絡みをしたAV男優?)は羅患していない

9月にはすでにHIV感染は判明していたというのにも関わらず、これまで発表されていないとはどういうことだろうか。

この内容については、関係者は口を閉ざすものが多く詳細は不明なのだが、一部の業界人は発言をしている。

リンクスの宝生リリーは「記事になる前からHIVの話は知っていた」と告白しつつ、不安をあらわにしている。

これに関連して、毛豚こと中田真こと柳井幸也は10/27の自身のブログにて以下のような投稿をした。

全文引用する。

今一番業界で騒がれてる話。

HIVが出たって⁉️
いつかはこう言う事が起こると思っていたし、今までなかったのが不思議なくらい。
あっても表に出てなかっただけかもしれませんが…
かかってしまった方はどんな状況であれ同じ業界人である以上我々の仲間であり本当にお気の毒です😭
巷では年々増加の一途辿るHIV。
何が何でも絶対にかかりたく無いです。
我々の取り扱う仕事上感染リスクがある事は否めません。
その為に業界ルールで月一検査の徹底が行われてかなりの割合で改善されたと思います。
業界はいろいろやってくれてます。
検査表があるからこの人病気なんじゃないのかな❓平気かな❓とか思わずに思いっきりHな絡みが出来るのです。
あと何が足りないかと言うと、各個人の自己管理や意識改革。
自己管理、意識改革を分かりやすく、簡単に、具体的に、言えば。
プライベートでナンパして生でやっちゃう。とか、逆はナンパされてノリでやっちゃうとか。
どこの馬の骨かわからない人物と性行為をするとか…彼氏or彼女は産まれてから一度も検査受けた事ありませーん😀とか。
いろいろありますが、結局我々の世界で信用出来るのは検査表しかないのが現実‼️
オレ平気だから😎👍と口で言ってオレオレ詐欺に引っかかって病気をもらうケースもあるようですし。
AV業界に限らずみなさんが仕事をする上で我慢しなきゃならない事は形は変われどどの業界、どの仕事にも必ずついてくる。
だから我慢する事は我慢して→わかりやすく言えばAVの仕事をしている間は仕事以外での事を控える、もしくはパートナーがいればお互い安全を確認し合うとかすればいいと思う。
その為に何度も言いますが、自己管理、意識改革‼️
この仕事に携わっている間だけでも安全に笑って楽しくやって行きたいですね❤️
そして、我々は特殊な業務だと言う事を忘れてはなりません。いろいろやる事はやってもいろんな病気に感染してしまうリスクは0パーセントではありません。そう言ったリスクもあるんだよと理解して仕事しなくてはいけないと思います。 まぁ皆さんそう言ったリスクを多少なりとも承知で仕事をしてると思いますし、完璧ノーリスクは絶対にありえませんので理解が出来ない人は今すぐにでも辞めてノーリスクノーリターンでノーマネーでフィニッシュした方がいいかもしれませんね😃
あとバイブの使い回しも考えた方がいいかもね。何年もいろんな女の子に使い回してるバイブなんて女の子としたら怖いかもしれませんね。オモチャが性病の感染源なんてなったら本末転倒‼️バイブの性病検査もなんてなったらアホらしいしw
まだまだ呟きたい事はたくさんありますが、今から飯食いに行ってサウナに行って汗かいてきたいのでこの辺で😃🖐
あ、このブログは個人的な呟き、妄想なので変な風にねじ曲げてまとめたりしないでくださいね、誰を批判したり何に反発したりするとかそういうものでは無いのであしからず💋💋

ベテランで無修正出演多数の中田も非常に動揺していたようであったが、この文面からすると最近になって初めて知った、というようにも読める。業界内では周知されていなかったのだろうか?

ダンシャリー高嶋(イエイ高嶋)は以下のツイートをしている。

ダンシャリー高嶋によるとHIV感染女優に絡んだ男優は17人だという。

この情報の確からしさは不明ではあるが、

17人と絡むような有名女優ということになる。

17人と断言できるあたりは、比較的新人で撮影本数が限定的ということなのだろうか。

高嶋の「隠蔽気質のAV業界」という発言を聞く限りでは、高嶋も最近知った事実のようである。

AV人権倫理機構の安全宣言は果たして適切なのか?

 

AV人倫は「女優と接した関係者に羅患はない」と断言しているがどうしてそのようなことが言い切れるだろうか。HIVの場合感染してから検査で陽性となるまでの期間が長いため、気づかぬうちに感染が広がっている可能性は当然ある。

感染可能性の時期が不明瞭であれば、「接した関係者」が全て特定できるわけはなく、また、「接した関係者」も現段階では陽性ではない、ということしか言えないのではないだろうか。

このHIVの潜伏期間の問題については、過去に当ブログでも取り上げたことがある。

元AV女優・峰なゆか「『AVは性病検査してるから安全』と言う輩いるけど、検査から結果出るまでの一週間(HIVは三ヶ月間)男優は大量にヤッてるわけで全然安全じゃない」

峰なゆかは三ヶ月の潜伏期間を想定していた。

まだ三ヶ月経ってないのになぜ関係者は安全と言い切れるのか!AV人倫!

 

女優が9月に陽性反応がでたとしてそれがいつから感染していたのかは明確ではないはずである。

私は比較的新人の女優で出演作が少なく、絡んだ男優が明確な可能性を追うが、何れにしても

AV業界は撮影ストップしないと、男優が単に陽性反応を示していないだけで

感染力を有していれば感染が広がる可能性があると指摘しておく。

そもそもの本番行為自体の危険性も再認識する必要があるだろう。

 

まとめ

AV業界は全撮影をストップしHIV蔓延に歯止めをかけろ!またそもそも本番行為自体の危険性について認識せよ!